社会福祉法人 宝林福祉会 障害者就労支援施設 セルプつわぶき

たくさんのまごころと
やさしさを届けたい

妙円寺参りのルートとして知られる武岡・伊集院線から入る「セルプつわぶき」。趣ある建物には、障がい者支援施設(入所)、地域活動支援センター、就労継続支援B型が共存しています。社会とつながりを持ちたいと願う利用者は、送迎車で施設に通い、主に野菜の袋詰めや箱折り等の軽作業を担っています。
もくもくと仕事に向き合う姿は真剣そのもの。お互いにコミュニケーションを取り、助け合いながら、みんなで連携して作業を進めています。「作業を通して得た収入が生きがいにつながれば」と、職員も温かくサポートしています。また、利用者と職員が協働して飼養管理を行う「つわぶきの黒豚」も名物。
食物残さなどを用いた環境にやさしい循環型のシステムで作られています。

STAND-UP 逸品の紹介

基本情報

社会福祉法人 宝林福祉会 障害者就労支援施設 セルプつわぶき

所在地
〒891-1205
鹿児島市犬迫町7939-1
TEL
099-238-0224
FAX
099-238-0577
E-MAIL
tuwabuki@eos.ocn.ne.jp
営業時間
8:30〜17:30
休日
土・日・祝

施設からのお知らせ

施設の商品・サービス

つわぶきの黒豚肉

利用者と職員が「消費者の皆様が食べて美味しいと微笑む笑顔」をお届けします。をスローガンに安心・安全でおいしい豚肉となるように一生懸命世話をして育てました。安心・安全なお肉です。

セルプつわぶき やさい作業

野菜の袋詰め

野菜の計量・袋詰め、テープ止め、箱詰めなどを行っています。

施設利用について

施設利用者の方へ

セルプつわぶき 袋詰
利用者様と職員が一体となって頑張っています。

セルプつわぶきでは利用者様がお互いに助け合い野菜の袋詰め作業を楽しく行っています。工賃アップを目指して利用者様と職員が一体となって頑張っています。